• HOME
  • ブログ
  • 政治ニュース , 野党
  • 選挙戦が進むにつれて明らかになる立民と日本共産党との温度差。。。枝野代表、そもそも党利党略の選挙戦術をやらなければよかったのではないでしょうか。。。

選挙戦が進むにつれて明らかになる立民と日本共産党との温度差。。。枝野代表、そもそも党利党略の選挙戦術をやらなければよかったのではないでしょうか。。。

衆議院議員総選挙もいよいよ最終盤になりました。各党とも最後まで勢いを保とうと必死ですが、選挙戦が進めば進むほど、理解に苦しむ行動を取っているのが立憲民主党の枝野代表です。

枝野代表は衆議院議員総選挙に臨むにあたって、日本共産党との選挙協力、そして『限定的な閣外からの協力』の合意を取り付けて、立憲民主党と日本共産党は一致結束して衆議院議員総選挙に臨んでいます。

枝野代表は自信をもって日本共産党と連携をしたはずです。ですが選挙戦が進むにつれて、日本共産党との協力関係を隠そうと苦心しています。

そもそも苦心するなら日本共産党と組むべきではなかったと思いますし、何より日本共産党に失礼ではないでしょうか。

限定的な閣外からの協力。。。枝野代表、街頭演説で日本共産党に触れず。。。

各党の代表や有力議員は、全国を飛び回り応援演説を行っています。枝野代表も当然党首ですから忙しい日程をこなしています。

枝野代表が宮崎市で行った街頭演説と日本共産党の志位委員長が長野市内で行った演説では、立憲民主党と日本共産党との間で『合意』の意味合いに違いがあることが浮き彫りになりました。

「私たちは変えるための具体的な提案と準備をしている。私たちに力を与えてほしい」

立民の枝野代表は26日、宮崎市での街頭演説で、政権交代を訴えた。同市を含む宮崎1区では、共産が候補者擁立を見送ったが、共産との選挙協力に触れることは一切なかった。

一方、共産の志位委員長はこの日、長野市内でマイクを握り、「政権交代には本気の共闘が必要だ」と述べ、合意の意義を強調した。立民と共産では外交・安全保障政策が異なるが、志位氏はこれまでの街頭演説でも同様に野党共闘を前面に打ち出す場面が目立つ。
引用元 「共闘」の立民・共産、閣外協力巡り温度差あらわに

枝野代表が宮崎市で行った演説では日本共産党について触れなかったと報じられています。方や日本共産党は『合意』の意義を強調しています。

枝野代表は、自信をもって『合意』を締結したはずです。野党共闘を実現したことを唯一の成果として掲げても良いのではないでしょうか。

そんな枝野代表は、日本共産党との関係を隠したいと受け取れる出来事が選挙戦の最中にありました。

枝野代表、志位委員長との写真撮影を拒否??

友党同士の党首なら、街頭演説で並んで演説することもあれば一緒に写真撮影に応じる場面が選挙では見受けられます。ですが枝野代表は驚きの行動に出ました。

23日、都内で行われた市民団体のイベントに参加した立憲民主党代表・枝野幸男と共産党委員長・志位和夫が参加したものの、枝野は日程がタイトとの説明でイベント後の記念写真を拒否した。その間、志位は撮影のために待っていたが袖にされたと報じられた。野党共闘を嫌う枝野の態度に不快感を持った支持者もいただろう。
引用元 【政界地獄耳】枝野が志位と写真を撮らなかった理由

枝野代表の行動が事実であるなら、友党の日本共産党に対して失礼極まりないことです。日本共産党の志位委員長が待っている中での枝野代表の行動は、明らかに日本共産党との関係隠しです。

このように日本共産党との関係を隠そうとするのであれば、そもそも選挙協力などせずに正々堂々と枝野代表は戦えばよかったのです。

日本共産党の組織力や票を期待して選挙協力、『限定的な閣外からの協力』を合意しておいて、枝野代表の行動には筋が通りません。

日本共産党の存在を『隠蔽』しようとしている枝野代表を信用するのは難しいのではないでしょうか。。。

関連記事一覧