北朝鮮、長年凍結していた原子炉の建設再開か。。。




衛星画像は米宇宙企業マクサーが撮影したもので、画像を分析した米ミドルベリー国際問題研究所の専門家によると、北朝鮮が寧辺核施設の第2原子炉の建設を再開したことを示しているという。

この原子炉は1980年代後半から稼働している寧辺の既存の原子炉の10倍程度の大きさがある。

事情に詳しい情報筋によると、米当局も寧辺での最近の動きを把握しており、状況を注視している。北朝鮮は原子炉の建設再開を試みていることを隠そうとしていないという。

この情報筋は、北朝鮮は核開発の進展と野心を外部に誇示している様子だと説明。建設再開は自国が核武装国家であることを証明しようとする北朝鮮政府の狙いと一致するとも述べた。

専門家は、北朝鮮がどの程度のスピードで建設を完了できるかは推定が困難だと指摘する。ただ、ミドルベリー研究所の兵器専門家ジェフリー・ルイス氏によると、稼働が開始した場合、北朝鮮のプルトニウム生産能力は10倍に増える可能性がある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/41732f4268cd16f9b8cb1ab8f7b5cfe1f5851e82

核ミサイルもそうですが、北朝鮮に技術や部品・資材・カネを提供してる国は制裁を受けるべきではないでしょうか。

北朝鮮の動きを観てると、安保理決議や経済制裁が全くのザルだという事が理解出来ます。

今こそ北朝鮮に好き放題やられないように、即効性のある対策が求められます。



関連記事一覧