女性問題で知事辞職の米山氏、次期衆院選に無所属で立候補の意向




次の衆院選新潟5区で、前知事の米山隆一氏(52)が無所属で立候補する意向を固めたことが分かった。

新潟5区では、社民党が野党統一候補として米山氏の擁立を目指しており、11日の社民、立憲民主、国民民主の各党とその支持母体となる連合新潟による「4者協議」で対応について話し合う。米山氏は読売新聞の取材に対し、「出馬は以前から希望しており、支援者にも伝えている。地方社会を発展させるため、経済や医療などの社会制度の転換を国政の場で訴えたい」と話した。

魚沼市出身の米山氏は、東大医学部卒で医師免許と弁護士資格を持つ。2016年10月の県知事選で初当選したが、任期途中の18年4月に女性問題を理由に辞職した。

新潟5区は、元県知事で自民党の泉田裕彦衆院議員(57)と、米山氏の知事経験者同士の争いとなる見通しだ。

https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20200711-OYT1T50083/


ネットの声


パッピー米山さんは社民党から立候補するらしいが、ホント反アベ連中って、ビーチ前川といい、鳥越俊太郎といい、菅野完(ノイホイ)といい、広河隆一といい、下半身に醜聞のある人材にやたら親和的だよね。
彼らから言わせれば山口だって下半身のスキャンダルがと言いたいでしょうね。たとえそれが枕営業による美人局であったとしても。
2016年10月の県知事選で初当選したが、任期途中の18年4月に女性問題を理由に辞職した。




関連記事一覧